知らないことがつまっている北陸新幹線

つるぎの存在

北陸新幹線の登場で、各地からのアクセスは確実に向上しました。ですが、恩恵を受けなかった地域も存在します。こうした地域には、短距離列車などシャトル便が創設されて、利便性を確保することが一般的です。ところが、北陸新幹線では事情が少し異なりました。

北陸新幹線が開業することによって、金沢駅の利便性は格段に向上することになったでしょう。これは間違いありませんが、在来線替わりを食ったかたちになったのです。富山からは関西方面にサンダーバードが運用されていました。ところが、新幹線は金沢着です。そうなると、相互の利便性を確保できなくなったため、サンダーバードは金沢着となりました。そうなると、富山には行くことができません。しらさぎも影響を受けることになり、金沢着になります。東京からの接続利便性は向上できたものの、他の地域は利便性が下がってしまったのです。

そこで、シャトル便としてつるぎが創設されることになりました。つるぎはつなぎ的要素を持っている列車ではありますが、北陸新幹線が全線開通した時にはいらなくなってしまうでしょう。そうなると、あらためてつるぎは廃止されるような可能性が出てくるのです。かなり特異な運命を持っている鉄道といえます。